全日制高校から通信制高校に転入したいなら必見【注意事項を解説】

合格へ導く場所

生徒

医学部に絶対に入りたいという人の多くが優れた医学部予備校に通う事を選んでいます。優れた医学部予備校は独自の指導方針で多くの人を合格へと導いています。また、場所によっては寮がある場所もあるので県外からでも安心して通う事ができます。

詳しく見る

ニュース一覧

転入するときの注意

教材

持ち越す単位

何かしらの原因によって全日制の高校から通信制高校に転入をするときには、注意しなければいけないことがあります。今まで通っていた千葉県内の高校で取得した単位は通信制高校にも持ち越すことができますが、通っていた千葉県内の高校が実業系高校だった場合には、商業や工業の単位は持ち越すことがほとんど場合できません。それは通信制高校のほとんどが普通科なので、商業や工業系の科目がないためです。なかには実業系の通信制高校もあり、今まで通っていた高校が普通科だった場合には実業系の単位を卒業までに取る期間が足りないため卒業に1年余計にかけなければいけないこともあります。どこまで単位が認められるかは通信制高校によって異なってくるので、入学をしようと考えた段階で確認するようにしてください。通信制高校といっても最低でも年に何回かは本校に通ってスクーリングを受ける必要があります。千葉県立の通信制高校であれば、通うのにそれほど時間がかかりませんが、私立の通信制高校の場合には、宿泊をしないと本校にいけないこともありえます。そのため、スクーリングがあることを忘れないようにして、本校が千葉県外にあったとしても千葉県内に学習センターを構えていたり、提携校があったりしますので、確認してみてください。千葉県内には公立と私立の通信制高校がいくつもありますので、それらでは特徴的な教育を行っています。自分にあった通信制高校を選んで高卒資格を取得して下さい。

最難関の学部に入るために

先生と生徒

全学部でも最難関の医学部は、定員数が増加しているにも関わらず受験に合格するのに必要な点数があがっている実情があります。医学部専門予備校の人気が高まっていて、個別または少人数性の授業が行われていて、授業時間が多いのが特徴になっています。

詳しく見る

成績がよいと安くなる傾向

勉強道具

名古屋には多くの医学部予備校があり、費用などもピンキリです。入塾時や途中などにテストがあり、それによって特進クラスか一般クラスかに振り分けられます。特進クラスの方が費用は安めなことが多いです。全寮制の医学部予備校もあります。

詳しく見る

上手に利用する事です

勉学

家庭教師を利用する方は、生徒の目標に合う指導法をお願いする事が大切です。ただただ決められた問題をこなすのではなく、前もって教師と生徒とでどういった学習が効果的なのかを相談して決める事で成績アップが期待出来ます。東京にもそのような方法で成績が上がった生徒がたくさんいらっしゃいます。

詳しく見る

塾選びのポイント

学生

集中力が続かなかったり、学力レベルが中程度位の生徒には個別指導塾が向いています。尼崎には多くの個別指導塾がありますが、コロコロと講師が変わらないところを選ぶようにし、少なくとも1学期の間は同じ講師に見てもらえる塾を選ぶようにしてください。

詳しく見る

Copyright© 2018 全日制高校から通信制高校に転入したいなら必見【注意事項を解説】 All Rights Reserved.