全日制高校から通信制高校に転入したいなら必見【注意事項を解説】

ニュース一覧

最難関の学部に入るために

先生と生徒

専門予備校が人気

医学部と言うと大学受験の中でも最難関の学部として知られていますが、近年の地方の医師不足から他学部の募集人数が減少しているのに医学部は減少しているどころか10年前よりも全国で2,000人近く定員が増加しています。大学受験にも少子化の影響が出てきていて、大学受験を受ける人の数が減少してきています。医学部の定員が増えているのに受験者数が減少しているので、医学部の難易度が低下すると期待しがちですが、実際にはセンター試験の試験結果を見てみると医学部合格者の平均点は10年前と比べて下がっているどころか上昇しているのです。合格倍率も近年ようやく上昇が止まりましたが、以前高倍率となっています。このように以前にもまして医学部に合格するには、高い学力が必要になることから医学部受験専門の予備校が活況になっています。医学部専門予備校は大手予備校と異なり、個別または少人数性の授業が中心になっています。入試までは限られた時間しかないため、その限られた時間で合格できるほどの学力をつけるためには無駄な時間を使いたくありません。個別指導であれば生徒と講師の距離が近いため、生徒の理解度に合わせて授業のスピードを変化させることができ、生徒に最適な速度で授業を進めていけます。また、医学部専門予備校は授業数が圧倒的に多いのも特徴です。特に浪人生では年間1,500時間以上の授業時間が確保されています。授業時間が多くなれば復習にさける時間が増えることになり、学力が定着するという考えに基づいて授業時間が長くなっています。

Copyright© 2018 全日制高校から通信制高校に転入したいなら必見【注意事項を解説】 All Rights Reserved.